袋物講習会

好みの裂地で、仕覆や和の袋物をつくる講座です。茶入の仕覆は、採寸・型紙づくりから始めてゆきます。テキストではわかりえない、和の袋物の技を学んでいただけます。

2021年

2月5日 龍村美術織物でつくる帛紗ばさみ
3月5日  茶箱用小棗仕覆

4月2日

5月14日

6月4日  茶箱用古帛紗と茶杓入れ

7月2日

8月6日  茄子仕覆

9月3日

10月1日

11月5日 茶碗の小袋とへだて

12月3日

講師
【大澤実千世】
1956年東京生まれ。
幼い頃から袋物に親しみ、大澤和子門下師範となる。主宰とともに各袋物教室の講師として参加、また渡米してデザイン・バッグの研究をする。
現在、大澤和子袋もの研究所主宰つき講師。NHK学園、NHK文化センター、よみうり日本テレビ文化センター、産経学園、京王百貨店、淡交カルチャーなどの袋物講師として指導にあたる。
開催日
2月~12月(全11回) 金曜
※途中入会可能
会場
淡交社 東京教室
時間
10:00~12:30
会費
入会金要
1回 7,700円(税込)
※材料費別途
※会費は半期ごとに前納 

一覧へもどる