茶の湯 竹芸教室

当教室では、竹を「編む」ことを主に、茶席で用いる籠をつくります。
蛇の目筒、鉈のさや籠をはじめ、若狭籠、隅田川(菓子器)、菜籠(炭斗)など、徐々に希望の籠制作へと進んでゆきます。

※日付全て2021年

前期(2月~6月)
後期(7月~12月)
スケジュール
2月22日
3月29日
4月26日

5月31日

6月28日
7月26日
9月27日
10月25日
11月29日
12月27日

【池田瓢阿】
昭和26年(1951)、東京都生まれ。
武蔵野美術大学を卒業後、竹芸の道に進む。
昭和63年(1988)より、日本橋三越本店において定期的に個展を開催。
平成5年(1993)、3代目瓢阿を襲名。古典の基本をしっかりと押さえつつ、竹芸の新しい可能性を探って精力的に活動。また、竹に関する茶道具や民俗などの研究に力を注いでいる。

現在、竹芸教室「竹樂会」(昭和31年〈1956〉、2代・瓢阿創立)を主宰するとともに、淡交会巡回講師、淡交カルチャー教室講師、三越カルチャーセンター講師、NHK文化センター講師などをつとめる。
おもな著書に『茶の竹芸 籠花入と竹花入 その用と美』『近代の茶杓 数寄者たちの優美な手すさび』『籠と竹のよもやまばなし』、茶の湯手づくりBOOK『茶杓・共筒』『竹花入』『茶席の籠』(いずれも淡交社)、『趣向の茶事』(世界文化社)などがある。

講師
池田瓢阿
開催日
毎月1回 2月~12月の月曜(全10回・8月休)
※途中入会可能
会場
淡交社 東京教室
時間
13:00~16:00
会費
入会金要
1回 10,000円(税込)
※材料費別途
※会費は半期ごとに前納

一覧へもどる