釜師・宮﨑寒雉 「塩屋釜」のルーツを辿る〜参加者募集中!

茶の湯道具のルーツを巡る旅 加賀編
鐶付の塩屋からゆらゆらと湯気が立ち昇る「塩屋釡」。金沢の釡師・宮﨑寒雉家を代表する茶の湯釡です。本ツアーは、仙叟宗室に見出され、多くの独創的な茶の湯釡を世に送り出した初代寒雉のルーツを、14 代宮﨑幽斎氏と辿りながら「塩屋釡」の原風景を巡る新たなコンセプトの茶の湯旅です。

開催日:9月16日(木)~17日(金)(1泊2日)
会費 :110,000円(税込) 大人1名料金(2名1室)
※1名1室利用をご希望の方は加算料金をいただきます。
定員:15名(最低催行人数10名 添乗員同行)
食事 朝1回・昼2回・夕1回

1 日目
10:00  JR金沢駅西口ご集合
穴水町 昼食「料亭 雁月」
宮﨑幽斎氏と初代寒雉の生誕地・穴水町中居地区を散策
輪島市 輪島漆器 輪島キリモト 訪問
ねぶた温泉 海游 能登の庄 泊
2日目
輪島市 白米千枚田 見学
珠洲市 奥能登塩田村 日本唯一の「揚げ浜式製塩」作業見学
「塩屋釡」の意匠となった原風景
輪島市 昼食「日本料理 富成」
金沢市 「塩屋釡」を用いた特別茶会 於 宮﨑寒雉庵
17:20頃 JR金沢駅西口着後、解散

※ツアー中は貸切バスでの移動となります

時間
9月16日(木)~17日(金)(1泊2日)
会費
110,000円(税込)大人1名料金(2名1室)
定員
15名

一覧へもどる