入間市博物館共催 彩の国・埼玉の工芸と狭山茶を愉しむ茶会

2021年秋 入間市博物館Alitにおきまして埼玉県が誇る工芸技術と茶の文化を紹介する「文化を継承する埼玉の工芸作家~人間国宝の茶道具を中心に~」が開催されます。その特別展で紹介される埼玉を代表する人間国宝 原清氏・増村紀一郎氏をはじめとした県内の工芸作品を使いおもてなしするお茶会になります。席主には、人間国宝 初代・長野垤志を祖父に持つ長野新氏をお迎えします。当日は人間国宝 増村紀一郎先生の講義もセットになる特別なお茶会。是非ご参加ください。

【開催日】 12月4日(土)
【時間】
1席目 10:45- (茶席→点心席→講義)
2席目 10:45- (点心席→茶席→講義)
3席目 11:45- (点心席→講義→茶席)
4席目 12:45- (講義→点心席→茶席)
※ご都合の良いお時間をお選びください。
※掲載の写真は、イメージになります。
※アレルギーをお持ちの方は、必ず予約時にお申し出ください。

【席主】 長野新氏(釜師) 【定員】 1席12名 【点心】 狭山茶を使った料理
【会費】 15,000円(税込)
【会場】入間市博物館 茶室 青丘庵 (埼玉県入間市大字二本木100番地)
【講義】増村紀一郎先生(人間国宝 漆芸技法)
「日本近代工芸史 昭和・平成に活躍の作家」…ご自身の漆芸技法のご説明や解説。
今回の展覧会に出品している埼玉の工芸作家の紹介など。

・茶室「青丘庵」にて茶席(薄茶)
・増村紀一郎先生による講義
・狭山茶を使った料理にてお食事
・お茶会終了後、入間市博物館「文化を継承する埼玉の工芸作家~人間国宝の茶道具を中心に~」見学もあり

講師
【席主】 長野新氏(釜師)
【講義】増村紀一郎先生(人間国宝 漆芸技法)
開催日
12月4日(土)
会場
入間市博物館 茶室 青丘庵
時間
1席目 10:45- (茶席→点心席→講義)
2席目 10:45- (点心席→茶席→講義)
3席目 11:45- (点心席→講義→茶席)
4席目 12:45- (講義→点心席→茶席)
※ご都合の良いお時間をお選びください
会費
15,000円(税込) 
定員
1席12名

一覧へもどる