『やさしい金つくろい教室』

金つくろい(金つぎ)とは、破損した陶磁器を漆で接着し、継ぎ目に金粉を蒔いて飾る修繕法です。近年、海外でも話題となっている日本の伝統文化で、大切な器をよみがえらせてみませんか?

※初回に「金つくろい道具 基本セット」を頒布いたします。

講師
石原 津枝(蒔絵作家)
栃木県生まれ。京都精華大学美術学部卒業。裏千家学園茶道専門学校卒業。
京都市産業技術研究所漆工コース修了。
2010年京都府美術工芸新鋭展入選。京都市産業技術研究所(2010年)と京都市上京区役所(2014年)の
漆塗り蒔絵エレベーターを手がける。
工房是空庵にて金工作家の兄とオリジナル茶道具・和小物などの漆工芸製作に取り組んでいる。
開催日
第1回 4月10日
第2回 5月8日
第3回 6月12日
第4回 7月10日
第5回 8月28日
第6回 9月11日
第7回 10月9日
第8回 11月13日
会場
淡交社 第2ビル
時間
午前のクラス 10:00~12:00
午後のクラス 13:30~15:30
会費
1回 4,400円(税込)
※会費は8回分を前納
入会金が必要となります
定員
10名

一覧へもどる